Corel VideoStudio Pro X9

Corel VideoStudio Pro X9 x9

テープ、DVD、VideoCD、Webでのムービーのキャプチャ、編集、拡張、共有する

デジタルカムコーダーやビデオ編集ソフトウェアの値段が下がり続けるなか、自分の映画を作るのに、ロマン・ポランスキーである必要はありません。UleadのVideoStudioは、これまで低予算ビデオソフトウェアの最先端を走ってきましたが、この最新のリリースで、ミュージックビデオ、ちょっと気の利いたホームビデオ、自身についてのドキュメンタリーの作成などにおいて、更なる価値を約束してくれました。


完全な説明を見ます

賛成票

  • たくさんの機能
  • ビデオキャプチャに最適
  • 初心者のための便利なウィザードとテンプレート

反対票

  • 非常にメモリを消費する
  • クラッシュする傾向がある
  • 信頼できない技術サポート

良い
7

デジタルカムコーダーやビデオ編集ソフトウェアの値段が下がり続けるなか、自分の映画を作るのに、ロマン・ポランスキーである必要はありません。UleadのVideoStudioは、これまで低予算ビデオソフトウェアの最先端を走ってきましたが、この最新のリリースで、ミュージックビデオ、ちょっと気の利いたホームビデオ、自身についてのドキュメンタリーの作成などにおいて、更なる価値を約束してくれました。


スローモーションとスターワイプ

このアプリケーションは、HDメディアを扱うための新しいツールや、テンプレート、ビデオエフェクトやフィルター、キャプチャツールなど確かに優れています。スイートにバンドルされた3種類のアプリがあり、ムービーウィザードやDV-to-DVDウィザードなどさまざまなニーズとスキルレベルに対応しています。しかし、それは主なユーティリティ、VideoStudio Editorで、そのすべてのアクションが起きます。

このプログラムは、 (ユビキタスタイムラインと並んで)シーンを表示および整理するための拡張されたストーリーボード、簡単なフリーズフレームオプション、特別大きなプレビューウィンドウ、カスタマイズ可能なタイトルとテキストテンプレート、ヴォイスナレーションや音楽を追加するためのオーディオトラック (レベルが超えないためのバランサーとともに)、およびムービーの長さに合わせた内蔵楽器スコアを提供します。これらの機能のすべてを簡単に利用できるよう、ユーザーインターフェイスは悪くありませんが、完全な初心は、基礎を見つけるまでやや時間がかかるでしょう。

途切れと失速

このパッケージを使えば、ちょっとした作業で見栄えの良い作品を作ることができますが、途中でいくつかの問題が起きることでしょう。VideoStudioの主な問題は、常にあなたのシステムメモリに負担をかけているところです。残念ながら、このバージョンでは適切に対処されていないようです。ロード時間は非常に遅く、NASAコンピュータを使用していない限り、複雑な編集内容をプレビューすると、クリップやオーディオが頻繁にジャンプしたり遅れたりする恐れがあります。

その他に、シーンプレビューウィンドウから早送りや巻き戻しができないことや、タイムライン上のズーム機能がそれほど強力ではないことなどがあります。新しいHDディスクフォーマットへサポートを考えると不思議ですが、Blu-Rayのサポートも無視したようです。言及する必要なる一つ点、ソフトニックユーザーの中にはテクニカルサポートが非常に貧弱であると訴えていることが挙げられ、多くの人々が問い合わせに対して、一貫して回答がないと報告しています。しっかりしてください、Ulead。時折落ちるプログラムを発表しているなら、解決策を顧客に提供するくらいの助けはあってもよいのではないでしょうか。

バジェットビデオの制作

欠点はあるにも関わらず、VideoStudioには、かなり洗練されたビデオを作成するのに十分な機能があり、インターフェイスを習熟すれば使い方は簡単です。しかし、信頼性を求めているのであれば、おそらくAdobe Premiere ElementsやPowerDirectorなど他のバジェット編集アプリケーションを検討するのが最善でしょう。

Corel VideoStudio Pro X9

ダウンロード

Corel VideoStudio Pro X9 x9

ユーザーレビュー